ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > くらしの情報 > 住民票?戸籍?証明 > 住民票などへの舊姓(舊氏)が併記できます

本文

住民票などへの舊姓(舊氏)が併記できます

 令和元年11月5日から、手続きをすることで、住民票?印鑑証明?個人番號カード(マイナンバーカード)に舊姓(舊氏)の併記ができるようになります。

※注意 舊姓(舊氏)併記の手続きをすると、住民票?印鑑証明に必ず記載され、省略するこはできません。

 総務省ホームページ(住民票、マイナンバーカード等への舊氏の記載等について) <外部リンク>

 総務省パンフレット:住民票とマイナンバーカードに舊姓(舊氏)が併記できます!(表)<外部リンク>

 総務省パンフレット:舊姓(舊氏)を併記するためには、どうしたらいいの?(裏)<外部リンク>

住民票、マイナンバーカード等に舊氏を併記するにはどうしたらいいいの?

 住民票に舊氏を併記するための請求手続きが必要になります。住民票に舊氏が併記されると、マイナンバーカードや公的個人認証サービスの署名用電子証明書にも舊氏が併記されます。
 住民票等に記載できる舊氏は1人につき1つだけです。

請求するところ

 お住まいの市町村役場

請求(屆出)に必要なもの

?戸籍謄本等
  希望する舊氏が記載された戸籍(除籍?改製原戸籍)から現在の氏が記載されている戸籍に至る戸籍謄本等
?本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
?マイナンバーカードまたは通知カード
?印鑑(認印で可)

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


草蜢社区在线观看免费下载